葬祭扶助の申請

大阪市の葬祭扶助申請のやり方

葬祭扶助とは

葬祭扶助を利用したお葬式(福祉葬儀)をご希望される場合には、必ずお葬式をおこなう前に申請をおこなわなければなりません。原則、事後申請は認められておりませんので注意が必要です。

担当スタッフが葬祭扶助申請の際には、ご遺族様とご一緒に申請に伺いますのでご安心下さい。

大阪市葬祭扶助の対象となる方

大阪市葬祭扶助は、申請者様が大阪市に住民表をおいておられることが前提となります。故人ではなく、お葬式をおこなう方(申請者)が大阪市民でなければなりません。

誰でも希望すれば葬祭扶助が認められるわけでは御座いません。役所 担当者の方から面談、審査が御座います。それではどのような場合に、葬祭扶助が認められるのか例をあげてご説明致します。

認められるケース

  • 葬儀をおこなう遺族、親族がだれもいない場合
  • 夫婦、世帯で生活保護を受給していて、その家族に不幸があった場合
  • 葬儀をおこなう者が、大阪市の生活保護受給者の場合
  • 葬儀費用を払えない程に生活に困窮している場合

上記のような場合、葬祭扶助の申請が認められるケースとなります。これ以外にも役所 担当者様の判断で葬祭扶助が認められる場合も御座います。

認められないケース

葬祭扶助が認められないケース例をご紹介致します。多いケースとしましては、故人様だけが生活保護を受給していて、お葬式をおこなう遺族、親族が生活保護を受給していない場合などです。

  • ご家族で故人の葬儀費用の支払いができる場合
  • 資産や預貯金がある場合

あくまでも葬祭扶助を認める前提は、お葬式をおこなう者に葬儀費用の支払いができるのかが、審査ポイントとなるためです。お葬式をおこなう遺族、親族に葬儀費用の支払いが可能と判断された場合は実費での葬儀となりますのでご注意下さい。

葬祭扶助の申請場所

ご逝去後に、申請者(お葬式をおこなう者)のお住まいの区役所に葬祭扶助申請を行います。役所 担当者より葬祭扶助(費用免除)が認められれば費用免除でお葬式が行えます。

  • 原則、申請者の住所地にある役所
  • お葬式を行う前に申請(事後申請はできません)

ご逝去後、すぐに役所 担当者様へ申請に行かれる方がおられますが、死亡診断書コピー、葬儀日程、葬儀場所などを決めてからでないと、申請がスムーズに出来ませんのでご注意下さい。当社スタッフが役所への葬儀申請も同行致しますので、まず「葬優社」までお電話下さい。

申請時に必要なもの

役所への葬儀申請には当社スタッフが同行致します。申請者様は下記のものを必ずご用意下さいますようお願い致します。なお死亡診断書コピーは当社でご用意致します。

  • 認印(三文判)ゴム印、シャチハタは不可
  • 死亡診断書コピー(※弊社でご用意)
  • 世帯の預貯金の通帳(最新記帳のもの)

申請者様が生活保護を受給していない場合「世帯の預貯金通帳」が必要となります。(生活困窮者の方が申請する場合)

ご提案 葬儀プラン

大阪市営斎場の葬儀式場を利用した当家負担0円福祉葬儀のご提案です。

お問い合わせ

専任担当者が24時間対応しております。お急ぎの方はお電話でお問い合わせ下さい。

電話をかける
メールで問い合わせる


タイトルとURLをコピーしました