生活保護の方、土・日曜日の葬儀申請について

生活保護の葬儀・土日の葬儀手続き 生活保護葬でよくある質問

土・日曜日の申請手続きについて

結論から申し上げますと土・日曜日などの役所が休館日の日は葬儀申請などの手続きができませんのでご注意下さい。

原則、葬祭扶助でお葬式をおこなう際には「役所の担当者様から許可」をいただかないとお葬式を行うことができません。

事後申請は原則、認められませんので役所の窓口で葬儀申請ができる日まで手続きをお待ち頂くことになります。

年末年始・ゴールデンウィークの取り扱い

年末年始やゴールデンウィークなど役所が長期お休みになる場合も申請手続きができません。ただし、役所担当者の判断となりますが、担当者が事前に認めた場合は、事後申請が認められる場合も御座います。

長期お休みになる前に、担当者に事前にご相談下さい。

葬祭券の書類が必要

申請手続きが認められますと「葬祭券」とゆう書類を担当者から受け取ります。この葬祭券が「生活保護の葬儀」を証明する書類となり、火葬料や式場使用料の免除を受けるには葬祭券が必要となります。

ご提案 葬儀プラン

大阪市営斎場の葬儀式場を利用した当家負担0円福祉葬儀のご提案です。

お問い合わせ

専任担当者が24時間対応しております。お急ぎの方はお電話でお問い合わせ下さい。

電話をかける
メールで問い合わせる


タイトルとURLをコピーしました