親が生活保護の場合、葬儀はどうなるの?

親が生活保護の葬儀について生活保護葬でよくある質問

親が生活保護、その際の葬儀について

こちらのページでは「親が生活保護を受けている場合の葬儀費用」についてご説明致します。

お問い合わせでよく「親が生活保護を受給していたので福祉葬でお願いしたい」とご依頼のお電話はいただきます。それでは親が生活保護を受けていれば、葬祭扶助を利用した福祉葬儀がおこなえるのか詳しくご説明致します。

葬祭扶助が認められるのか

故人にご家族がいる場合、葬祭扶助が認められる前提が

  • お葬式をおこなう者が葬儀費用の支払いができない場合

とありますので親が生活保護者であっても、お葬式をおこなう者(子)が葬儀費用の支払いができる場合は葬祭扶助は認められないケースがほとんどです。

最終的には役所の担当者様が判断をされますので事前にお含みおき下さい。

葬祭扶助の対象となる方について詳しくはこちらから

生活保護は生活を保障する制度

あくまでも生活保護は「最低限度の生活を保障する公的扶助制度」となり、保護受給者がご逝去された時点で打ちきりとなるため、親(故人)が生活保護者=葬祭扶助での葬儀とはならないのがそのためです。

  • 生活保護は生活を保障する制度
  • 生活保護を受けているから葬祭扶助ではありません

ご提案 葬儀プラン

大阪市営斎場の葬儀式場を利用した当家負担0円福祉葬儀のご提案です。

お問い合わせ

専任担当者が24時間対応しております。お急ぎの方はお電話でお問い合わせ下さい。

電話をかける
メールで問い合わせる


タイトルとURLをコピーしました